賃貸へ引越すという場合はやることがたくさんあります。しかしそこで混乱しても仕方ないので一つ一つやりましょう。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越すとなればいろいろ手続きが大変なことが多いでしょう。全部一気にやらないといけないと考えてしまうタイプの人は正直、混乱してしまうと思います。あれもこれもやらないといけないと考えだけが先走ってしまい何からやって良いのか分からなくなるということです。こういう場合は優先順位を付けて手続きを行っていくことが重要です。まずは引越し先は決まったでしょうか。引越し先が決まらないことには何も始まりません。

もしも引越し先が決まっているならば、速やかに転出届を役所に出すべきです。後は引越し先の受け入れ日に合わせて、引越し業者と契約をしましょう。見積もりを取って業者を選んでも良いです。そして引越しの準備をするという流れになります。そして引越しする日が決まり次第、電気や水道を止めるということになります。これはそれぞれの会社に電話をして、引越すことを話す形になります。ガスを契約しているのであればこちらも引越し手続きをします。

まずは引越し日に向けてやることはこのくらいだと言えます。後は引っ越しをしてから免許証や携帯電話やクレジットカードの住所変更を順次行っていくということになります。引越しをした日にやるべきことと言えばまずは転入届を出すということでしょう。また電気や水道は引越した段階で使えるように会社側と切り替えの契約を行っている必要があります。電気水道関係は引越しをした賃貸の不動産屋とは関係がないので自分で個別に契約をするものです。

その他の記事

Copyright (C)2014賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.